人気ブログランキング |
2013年 07月 18日

宝くじ御礼の影絵紙芝居

e0302179_1913957.jpg

北海道増毛の民話紙芝居。ラストに作りましたのは宝くじマーク。今年の紙芝居は、宝くじの助成金で作らせていただいたので、これが必須となっております。毎回紙芝居上演の前に、まずはこの絵を見せる、ということなのでしょうか。うーん、今回3話・計22場面の中で一番かわいい絵柄かもしれません・・・。なにはともあれ、宝くじを買われ、ちぇ、またはずれか、とおっしゃっている全国の皆さまに、感謝しなければなりません。
 
e0302179_18482282.jpg

紙芝居サイズの小さな人形もいくつか作りました。物語上、かわいいというよりはどれもかなり渋く、中にはタコの串焼きのようなものもあります。私の作る人形は、影絵劇の人形のように関節が曲がったり一切しませんが、ひとつだけ、千両箱はふたがあいたりしまったりするようにしてみました。
 
e0302179_18505435.jpg

でもこの場面、ストーリーには直接関係ないイメージシーンで、勝手におまけでつけたものです。地元の人たちが魚の人形を作って、最後に遊びで泳がせたらおもしろいんじゃないかしらと。
 
台本も完成させ、本日やっとの思いで発送しました。あとは8月後半に、今年もまたお披露目会とワークショップでおじゃまいたします。増毛の皆さん、よろしくお願いします。
 





# by kageeplanet | 2013-07-18 19:07 | 影絵的・日常
2013年 07月 10日

足の踏み場なく

e0302179_745322.jpg

部屋が狭いことはまったく苦にならないのですが、フィルターをひろげる時だけはどうにも困ります。正確にはスペース足りず、床にすらひろげきることができません。こんな時ばかりは今すぐにでも引っ越したい気分になります。でもフィルターを丸めて玄関の片隅に押しやると、一気に部屋が広くなったような気がして、ま、とうぶんいいか、と思う、繰り返しの日々なのであります。 
 
それにしてもひどい部屋です。
 
 





# by kageeplanet | 2013-07-10 06:54 | 影絵的・日常
2013年 06月 29日

すて猫

e0302179_8342913.jpg

わが家はアレルギー一家だったので、子どもの頃から部屋で猫を飼ったことはありません。でもその分、外でこっそり飼ったものでした。子猫を拾ってはダンボールに入れ、パンを浸したミルクなどをやりました。雨の日は、妹の小さくなった傘を持ち出して子猫のもとに走ります。授業中も、猫まだいるかな、と気になって仕方がありませんでした。
 
今よりもおおらかな時代で、のら猫の餌やりが問題になるようなこともなく、そのうち近所の人が見かねて必ずもらってくれました。社会人になってからも、会社の敷地内で拾った子猫の面倒をみたりしていましたが、最近ではそんな機会もすっかりなくなりました。





# by kageeplanet | 2013-06-29 09:05 | 影絵的・つぶやき
2013年 06月 08日

増毛(ましけ)の影絵紙芝居

e0302179_8325664.jpg

深夜、私の部屋ではささやかな祝宴の儀がとり行われております。「結婚式ね・・・」完成した影絵を眺め口をへの字にゆがめる私です。なぜならこの新郎新婦、なんの悪いこともしていないのに、この後大ダコに襲われてしまうのです・・・。

今年もまた北海道増毛町周辺の民話を影絵紙芝居にしています。地元に伝わる民話は海にまつわるものが多く、どれも素朴で短いので場面構成にかなり苦労しています。しかもなぜか暗く悲しいオチがほとんどなので、見る人が楽しめるよう工夫が必要です。とても勉強になる仕事です。昨年までにすでに6作品完成していて、地元の民話伝承会の方々があちらこちらで上演してくださっています。今年のお披露目会は8月下旬になりそうです。





# by kageeplanet | 2013-06-08 08:56 | 影絵的・日常
2013年 05月 26日

ドック入りした「幸福の王子」

e0302179_71455100.jpg

忙しい時に限って次から次へとアクシデントは起こるものですね。
 
先日は影絵紙芝居を貸出し中の札幌から「影絵が破けたー!」という連絡が入り、急遽原画が送り返されてきました。深夜に緊急手当して直ちにまた発送、とここは何より急がねばなりません。なんといっても秋までぎっしり貸出し予定がつまっているものですから・・・。
 
今回修復したのは「幸福の王子」のラストシーンでしたが、この原画がわが家に戻ってきたのはかれこれ4年ぶりです。そもそもNHKドラマ「火の魚」の劇中に使用するため作ったもので、まさかその後、こんなに長いことたくさんの方々に活用していただけるとは思ってもみませんでした。原画の裏面には、いろんな人がいろんな種類のテープで補強をした跡が残っていました。感謝の意味を込めて、裏面のトレペも新しく貼り替えました。修復した原画は、今日には札幌に戻ると思います。
 

# by kageeplanet | 2013-05-26 07:44 | 影絵的・日常
2013年 05月 12日

屋上遊園地

e0302179_842683.jpg

小さい頃、デパートやスーパーの屋上には子ども用の遊園地があって、それは小さいながらに“子どもだましだな”と思えるくらいちゃちなものではあったけれど、やっぱり私たちはそれを楽しみにしていたのでした。今思い返すと、どことなく物悲しい風景。あの頃の子どもたちは、今全員おとななのですね。
 
 

# by kageeplanet | 2013-05-12 08:50 | 影絵的・つぶやき
2013年 04月 29日

連休初日の影絵ワークショップ

e0302179_10232039.jpg
お天気のいい連休初日、おと工房ぽりま松浦さん主催の影絵ワークショップが行われました。春らしい影絵がたくさんできあがりました。
 
e0302179_10234031.jpg
ここでのワークショップはいつも小さい子どもたちのためにおもちゃがたくさん用意されていて、自動車のタイヤをガリガリさせる音やオルゴールのポロンポロンいう音や赤ちゃんのフエ〜ンと泣きわめく声に負けないよう、かなり声をはりあげて説明しなければなりません。とはいえそんな、子どもたちの音や声の響くワークショップというのも、なんだか優しい時間が流れている気がして私は好きです。

★笠間ワークショップの影絵作品は、こちらよりご覧いただけます♪
 

# by kageeplanet | 2013-04-29 10:40 | 影絵ワークショップ
2013年 04月 10日

影絵の納品

e0302179_7305771.jpg
未来技術研究所の五反田オフィスに影絵を5点を納品してきました。(影絵のミニ卓上カレンダーお持ちの方、あれはこちらの会社のものです!)以前、この会社が軽井沢にもあった際、同じサイズの影絵を10点ほど飾っていただいていました。今回は東京支店の移転リニューアルに伴い、入口に影絵スペースを作っていただきました。こんな目立つところになんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。
e0302179_7311696.jpg
納期がないとは怖いもので、いつでも構いませんよ、というご厚意に甘え続け、けっきょく半年以上かかってしまいました。まだ暑~い最中に原画の木枠だけは作っていて、長いこと部屋の片隅に立てかけてあったのですが、それが急になくなりなんだか寂しい気分です。とはいえ、このスペースにはこれから北海道の増毛(ましけ)の民話紙芝居の木枠が置かれることになります。こちらは納期あり、すでに待ったなしの状態です。

# by kageeplanet | 2013-04-10 08:20 | 影絵的・日常
2013年 03月 31日

影絵プラネット10周年

e0302179_1042427.jpg
わざわざお伝えするほどのことでもないのですが、この3月で影絵プラネットのホームページは10周年を迎えました。10年前というと、まだブログなども普及しておらず、なんといってもネット回線がISDNやらADSLだったので、大きめな画像を載せると、フリーズしたんだけど、とよくクレームを受けました。そんな時代に作ったままリニューアルもせず今日に至っておりまして、今となってはかなり古めかしいデザインではありますが、まぁ今後もとうぶんこのままでいきたいと思っています。
 
プロフィールページは最近少し短縮しましたが、ワークショップページなど年々縦長に伸びていく一方で、今となってはどうにも収拾がつきません・・・。いずれにしてもホームページを通してこの10年、思わぬ出会いがたくさんありました。ありがとうございます。

★影絵プラネット・・・

# by kageeplanet | 2013-03-31 10:28 | 影絵的・日常
2013年 03月 20日

親子それぞれの影絵ワークショップ

e0302179_219436.jpg
名古屋ボストン美術館の影絵ワークショップは、毎回展示室の名画を鑑賞してイメージを膨らませてから作り始めます。学芸員の解説を真剣に聞く子どもたち。とても贅沢なひと時です。優雅に鑑賞する分、その後の制作時間が足りなくなるのもここでのワークショップの特徴。毎回終了時間間際に大慌てで完成させることとなります。
e0302179_0101716.jpg
親子一緒に作るワークショップは時々やりますが、それぞれが1作ずつ作るのは今回が初めて。左がお母さんで右がお子さんが作った影絵です。そのどことなく似ている作風を見て、さすが親子あだなぁと感心させられます。ひとつの物語のように見えませんか?
e0302179_0133813.jpg
こちらも親子。電車を作った男の子は、今回で3回目の参加。毎回腕があがり、あらゆるところにこだわりも!その他の作品はホームページに掲載しています。親子らしい作品を、ぜひのぞいてみてください♪

★名古屋ボストン美術館影絵ワークショップの様子はこちらからどうぞ♪

# by kageeplanet | 2013-03-20 21:47 | 影絵ワークショップ