2013年 12月 13日

いわき・影絵ワークショップ

e0302179_21531923.jpg

福島県いわき市の仮設住宅地内にあるデイケア施設ひだまりで、影絵のワークショップを行いました。このにこやかな着物姿の女の子も、その時の作品のひとつです。2年前、埼玉の避難所でお会いした双葉町の方々も半分くらい移られて来ているということで、影絵に馴染みのある方が多くいらっしゃいました。
 
e0302179_21533863.jpg

皆さんご高齢ではありますが、とても明るくお元気で、熱心に影絵を作られました。最後に部屋を暗くしてなごやかに鑑賞会も行いました。完成した影絵は、お部屋に飾るために、皆さんそれぞれ大事そうに持ち帰られました。でも笑顔で帰る先は、住み慣れた自宅ではなくプレハブの仮設住宅です。胸が痛みます。
 
e0302179_2154547.jpg

仮設住宅の並ぶ風景。最近では被災地のニュースも減り、目にすることも少なくなりました。でもまだこういう場所で、暮らし続けている人がいるんですね。自分にできることは相変わらずなかなか見つかりませんが、でも懸命に生きる被災地の方々のことをまずは忘れないようにしなければ、と気持ちを新たにして帰ってまいりました。
 
この夏からホームページの更新がほとんどできていません・・・。年内には、今回を含むワークショップの力作画像の数々をアップしたいと思います!




[PR]

# by kageeplanet | 2013-12-13 22:50 | 影絵ワークショップ
2013年 12月 06日

自然調査団・きのこ班

e0302179_7203930.jpg

 
来年のカレンダーがお手元に届いた方々から、10月のきのこの絵が怖いという、予想外のお声が届いております・・・。思えば今年は生田緑地の自然調査員養成講座というのを受講しまして、半年間で全9回、鳥や虫や植物やシダや、と各分野の専門家の人たちの講義やフィールドワークによる学習をしておりました。その中でも、きのこの回にとても惹かれた私は、すぐにきのこの立派な写真集を買い求め、カレンダー制作も途中のままパラパラと眺めていまして、それで10月はきのこになったのでした。いつか時間ができたら、私もきのこ班に入団してきのこ観察に励みたいものです。
 
お陰さまで、手元のカレンダーは残りわずかとなっております。ご入用の方はお早めにお知らせください♪
 
★影絵プラネット2014のお申し込みはこちらからどうぞ♪
[PR]

# by kageeplanet | 2013-12-06 07:36 | 影絵的・日常
2013年 11月 23日

またまたドック入りの影絵紙芝居

e0302179_858755.jpg

高校の文化祭で破損した影絵紙芝居が3場面ほどドック入りしました。次の貸し出しがせまっているため、大慌てで直しました。表面のトレーシングペーパーが傷ついたり破けたりすると、台紙をいちから張り替えなければならず、貼った絵を水に濡らしたティッシュですべてはがし、うまくはがせなかった部分は作り直し、と、結構ややこしいことになります。長持ちするようにと頑丈に作ったことがこの時ばかりはあだとなり、ひとり自分の絵と格闘せねばなりません。
 
そんな影絵紙芝居も、あちらこちらで使われていて、その回数はもう数えきれないほどになりました。年内はずっと貸し出し中。今週末は大船渡市で上演されているはずです。活用してくださっているボランティアの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
そうそう、カレンダーと年賀状ができあがってきました。よろしくお願いします!

★影絵プラネットカレンダー2014のお申し込みはこちらからどうぞ♪
 
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-11-23 09:26 | 影絵的・日常
2013年 11月 11日

影絵プラネットカレンダー2014

e0302179_711388.jpg

カレンダーがもうそろそろできあがってきます。10年目となる今年は、久々にどうぶつシリーズです。ご購入いただけると幸いです。カレンダーとカレンダーの売り上げの一部は、地球はともだちを通し、ここ数年東北の被災地に送らせていただいています。また、この時期私が勝手に募っている200円募金は、WRV(野生動物救護獣医師会)へ寄付させていただいています。このような活動が続けられるのも、いつも私にチャリティーしてくださっている皆さんのお陰です。本当にありがとうございます〜。
 
★影絵プラネットカレンダー2014の予約はこちらからどうぞ♪
*うま年賀状も合わせて販売しております。

  




[PR]

# by kageeplanet | 2013-11-11 07:29 | 影絵的・お知らせ
2013年 10月 28日

被爆体験のお話とヒロシマの影絵

e0302179_2249341.jpg

いつもお世話になっているおと工房ぽりま松浦さんの企画で、ヒロシマの原爆詩「母」の影絵紙芝居と合わせ、神奈川県原爆被災者の会・佐藤さんのお話を聞く会が催されました。親子連れの方たちを中心に、いつもは音楽や絵本の朗読を聞きにくる方たちが集まりました。 

e0302179_2250721.jpg

佐藤さんと奥様も、後ろの席で肩を寄せ合うように影絵を見つめ、原爆でわが子を亡くした大平数子さんの詩に聞き入っていらっしゃいました。
 
e0302179_22502660.jpg

その後、佐藤さんがご自分の被爆体験を静かに語られました。参加したほとんどの方が、被爆者の生のお話を聞くのは初めてだったのではないかと思います。とても貴重なひと時でした。佐藤さん、松浦さんとは、またこのような機会をつくれればという話をしています。
  
私の住む神奈川県にも、広島、長崎で被爆された方たちはたくさん暮らされているそうです。
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-10-28 23:30 | ヒロシマ
2013年 10月 17日

カレンダーなんとか入稿

e0302179_7271543.jpg

 
やっとの思いでカレンダーは色校までたどりつきました。いつもここまでくると今年も終わった、いえ、正確には来年も終わった、という気分です。10年目となる今回はとくに気合いを入れて!と思っていましたが、こうやって眺めてみると、まったくいつも通りな感じもします。そうそう、新しい試みとして、暦に祝日の名称を入れ込んでみました。この暦部分を間違ってしまうと大変なことになります。毎回ひやひやしながら入稿ています。
 
影絵プラネット2014の販売は、11月下旬となります。どうぞよろしくお願いいたします♪
 
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-10-17 07:42 | 影絵的・日常
2013年 09月 30日

終わっては困る9月

e0302179_9263715.jpg

 
あっという間に今月も終わり。9月の記憶がほとんどありません。来年のカレンダーはというと、あと少しというところまできていますが、入稿日はすぐ目前にせまっているためまったく余裕はありません。毎年のことながら情けない気持ちでいっぱいです。遊び禁止令は春からずっと発令中のままですが、家に引きこもり続けることなど、しょせん無理な体質なのです。(あ、自分への言い訳です)

来年のカレンダーは、久々にどうぶつシリーズとなります。楽しんでもらえることを祈りつつ・・・。
 




 
[PR]

# by kageeplanet | 2013-09-30 09:29 | 影絵的・日常
2013年 09月 16日

夕暮れ時

e0302179_5513218.jpg

 
この少年たちはイカ釣りをしています。
 
遠くに見える単線電車を時計がわりに、何匹釣れるか競争です。
 
まだ空が明るいせいか、イカ以外の魚しか釣れていません。
 
あんまり遅くなると、おうちの人に叱られちゃうぞ。

 
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-09-16 06:09 | 影絵的・つぶやき
2013年 08月 31日

夏休みの宿題

e0302179_8505027.jpg

 
夏休みの宿題は終わりましたか?
 
私は全然終わってません。
 
思えばここ十数年、毎日が8月31日の宿題の終わらない子どもの気分です。
 
わかっていてもついつい遊んでしまうのは、今も昔もかわりなく。まったく成長していません。
 
 
  
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-31 09:08 | 影絵的・つぶやき
2013年 08月 27日

増毛の民話紙芝居

e0302179_2053430.jpg

今年も北海道増毛に行って来ました。新しく作った3作品の影絵紙芝居は、旧商家本間家にて増毛町教育委員会と民話伝承会の方々の手によりお披露目されました。重要文化財にも指定されているこの建物のおもむきに、私のつたない影絵はいつも助けられております。(子どもたちは前列の畳の上でくっつき合って見ています)
 
e0302179_2115161.jpg

翌日は、影絵のワークショップを行いました。昨年、一昨年と参加してくださった方々もいて、みなさん素敵な作品を作ってくれました。小さいお子さんから年配の方々まで一緒に、楽しいひと時を過ごすことができました。(作品画像は、時間ができてからホームページにアップいたします・・)
 
e0302179_2141470.jpg

ワークショップも無事終わり、海沿いを走る単線列車で増毛から留萌まで行ってみました。一度乗ってみたかったのです。留萌駅で折り返しの電車を待つうちに辺りはすっかり暗くなりました。無人のホームには虫たちの声が響き、秋の空気に包まれていました。
 
そろそろ暑かった夏も終わりですね。
 
  
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-27 07:03 | 影絵ワークショップ