2013年 08月 31日

夏休みの宿題

e0302179_8505027.jpg

 
夏休みの宿題は終わりましたか?
 
私は全然終わってません。
 
思えばここ十数年、毎日が8月31日の宿題の終わらない子どもの気分です。
 
わかっていてもついつい遊んでしまうのは、今も昔もかわりなく。まったく成長していません。
 
 
  
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-31 09:08 | 影絵的・つぶやき
2013年 08月 27日

増毛の民話紙芝居

e0302179_2053430.jpg

今年も北海道増毛に行って来ました。新しく作った3作品の影絵紙芝居は、旧商家本間家にて増毛町教育委員会と民話伝承会の方々の手によりお披露目されました。重要文化財にも指定されているこの建物のおもむきに、私のつたない影絵はいつも助けられております。(子どもたちは前列の畳の上でくっつき合って見ています)
 
e0302179_2115161.jpg

翌日は、影絵のワークショップを行いました。昨年、一昨年と参加してくださった方々もいて、みなさん素敵な作品を作ってくれました。小さいお子さんから年配の方々まで一緒に、楽しいひと時を過ごすことができました。(作品画像は、時間ができてからホームページにアップいたします・・)
 
e0302179_2141470.jpg

ワークショップも無事終わり、海沿いを走る単線列車で増毛から留萌まで行ってみました。一度乗ってみたかったのです。留萌駅で折り返しの電車を待つうちに辺りはすっかり暗くなりました。無人のホームには虫たちの声が響き、秋の空気に包まれていました。
 
そろそろ暑かった夏も終わりですね。
 
  
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-27 07:03 | 影絵ワークショップ
2013年 08月 13日

海に行こう

e0302179_8202958.jpg

暑い日が続きますが、海には行かれましたか? 私はもちろん行っていません。
 
でももし行けるとしたら、小さい頃何度か訪れた天草(熊本)の海に行ってみたいな。浜辺に続く砂の道には小さなカニが歩いていて、そのカニを親戚の伯母が朝からお味噌汁に入れるのがとても嫌でした。
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-13 08:26 | 影絵的・つぶやき
2013年 08月 07日

8.6の広島

e0302179_0115388.jpg

8月6日の午前8時15分。平和公園の式典では黙祷が、その周辺では街宣車の怒鳴り声が、そして更に少し先の寺町ではお寺の鐘が鳴り響きます。その時間住宅街の路地を歩けば、どこからともなくお線香の匂いも。それが8.6の広島の朝です。
 
e0302179_0163423.jpg

常に大勢の人たちに囲まれている小さな祈りの影絵展も、8.6の見慣れた光景のひとつとなってきました。本当に小さな展示ですが、多くの人たちの暖かい気持ちに支えられています。中心となった広島の中高生、そして卒業生の皆さん、お疲れさまでした。ホームページへの作品アップは、もう少しお待ちを!
 
e0302179_0224496.jpg

私が広島に行く時、必ず立ち寄る喫茶店があります。胡町の朝日コーヒー。店主の土井さんは91歳になられましたが、今も毎日お店に立たれています。戦時中は結婚して満州にいたものの、原爆でとても仲の良かった妹さんを亡くされています。お店には影絵展最初の年に展示した作品も飾られています。ここで土井さんとおしゃべりするのも8.6の日課です。(土井さんにひっついているのは、うちの甥っ子)

今年もなんとか広島に来られてよかったです。この後のカレンダー制作がどうにも大変ですが・・・。




[PR]

# by kageeplanet | 2013-08-07 00:34 | ヒロシマ
2013年 07月 22日

ヒロシマ小さな祈りの影絵展に向けて

e0302179_8131379.jpg

今年も8月5・6日の広島で小さな祈りの影絵展が行われます。夕暮れ時から明かりを灯す元安橋たもとでの野外展示も、今回で9回目となります。昨年から市民主催となり、私はサポートに回っています。みんなに混じって1点だけ作ったのは、火の海と黒い雨から命からがら逃げ出した女学生が、焼け野原で父と妹に再会する喜びの場面です。被爆者の手記を元にしています。
 
e0302179_8192774.jpg

7月20日、広島女学院にて行われた影絵作りに私も行ってきました。なぎさ、城北の中高生たちも参加しています。生徒は年々入れ替わっても、このにぎやなか光景は相変わらずです。必死に手を動かしながらも、おしゃべりは楽しそうです。
 
e0302179_823335.jpg

作業が遅れている学校を、他校が手伝うという光景も見られました。とにかく子どもたちの絵は年々凝っていき、びっくりしてしまいます。その時代にアニメのような八頭身やサラサラロングヘアの女性はいませんからー!と中高生へならではの注意も加えながら、夕方6時過ぎまで作業は続きました。
 
当日の展示を楽しみにしていただければと思います。
 
★ヒロシマ小さな祈りの影絵展の詳細はこちらからどうぞ♪
 
 
[PR]

# by kageeplanet | 2013-07-22 11:34 | ヒロシマ
2013年 07月 18日

宝くじ御礼の影絵紙芝居

e0302179_1913957.jpg

北海道増毛の民話紙芝居。ラストに作りましたのは宝くじマーク。今年の紙芝居は、宝くじの助成金で作らせていただいたので、これが必須となっております。毎回紙芝居上演の前に、まずはこの絵を見せる、ということなのでしょうか。うーん、今回3話・計22場面の中で一番かわいい絵柄かもしれません・・・。なにはともあれ、宝くじを買われ、ちぇ、またはずれか、とおっしゃっている全国の皆さまに、感謝しなければなりません。
 
e0302179_18482282.jpg

紙芝居サイズの小さな人形もいくつか作りました。物語上、かわいいというよりはどれもかなり渋く、中にはタコの串焼きのようなものもあります。私の作る人形は、影絵劇の人形のように関節が曲がったり一切しませんが、ひとつだけ、千両箱はふたがあいたりしまったりするようにしてみました。
 
e0302179_18505435.jpg

でもこの場面、ストーリーには直接関係ないイメージシーンで、勝手におまけでつけたものです。地元の人たちが魚の人形を作って、最後に遊びで泳がせたらおもしろいんじゃないかしらと。
 
台本も完成させ、本日やっとの思いで発送しました。あとは8月後半に、今年もまたお披露目会とワークショップでおじゃまいたします。増毛の皆さん、よろしくお願いします。
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-07-18 19:07 | 影絵的・日常
2013年 07月 10日

足の踏み場なく

e0302179_745322.jpg

部屋が狭いことはまったく苦にならないのですが、フィルターをひろげる時だけはどうにも困ります。正確にはスペース足りず、床にすらひろげきることができません。こんな時ばかりは今すぐにでも引っ越したい気分になります。でもフィルターを丸めて玄関の片隅に押しやると、一気に部屋が広くなったような気がして、ま、とうぶんいいか、と思う、繰り返しの日々なのであります。 
 
それにしてもひどい部屋です。
 
 




[PR]

# by kageeplanet | 2013-07-10 06:54 | 影絵的・日常
2013年 06月 29日

すて猫

e0302179_8342913.jpg

わが家はアレルギー一家だったので、子どもの頃から部屋で猫を飼ったことはありません。でもその分、外でこっそり飼ったものでした。子猫を拾ってはダンボールに入れ、パンを浸したミルクなどをやりました。雨の日は、妹の小さくなった傘を持ち出して子猫のもとに走ります。授業中も、猫まだいるかな、と気になって仕方がありませんでした。
 
今よりもおおらかな時代で、のら猫の餌やりが問題になるようなこともなく、そのうち近所の人が見かねて必ずもらってくれました。社会人になってからも、会社の敷地内で拾った子猫の面倒をみたりしていましたが、最近ではそんな機会もすっかりなくなりました。




[PR]

# by kageeplanet | 2013-06-29 09:05 | 影絵的・つぶやき
2013年 06月 08日

増毛(ましけ)の影絵紙芝居

e0302179_8325664.jpg

深夜、私の部屋ではささやかな祝宴の儀がとり行われております。「結婚式ね・・・」完成した影絵を眺め口をへの字にゆがめる私です。なぜならこの新郎新婦、なんの悪いこともしていないのに、この後大ダコに襲われてしまうのです・・・。

今年もまた北海道増毛町周辺の民話を影絵紙芝居にしています。地元に伝わる民話は海にまつわるものが多く、どれも素朴で短いので場面構成にかなり苦労しています。しかもなぜか暗く悲しいオチがほとんどなので、見る人が楽しめるよう工夫が必要です。とても勉強になる仕事です。昨年までにすでに6作品完成していて、地元の民話伝承会の方々があちらこちらで上演してくださっています。今年のお披露目会は8月下旬になりそうです。




[PR]

# by kageeplanet | 2013-06-08 08:56 | 影絵的・日常
2013年 05月 26日

ドック入りした「幸福の王子」

e0302179_71455100.jpg

忙しい時に限って次から次へとアクシデントは起こるものですね。
 
先日は影絵紙芝居を貸出し中の札幌から「影絵が破けたー!」という連絡が入り、急遽原画が送り返されてきました。深夜に緊急手当して直ちにまた発送、とここは何より急がねばなりません。なんといっても秋までぎっしり貸出し予定がつまっているものですから・・・。
 
今回修復したのは「幸福の王子」のラストシーンでしたが、この原画がわが家に戻ってきたのはかれこれ4年ぶりです。そもそもNHKドラマ「火の魚」の劇中に使用するため作ったもので、まさかその後、こんなに長いことたくさんの方々に活用していただけるとは思ってもみませんでした。原画の裏面には、いろんな人がいろんな種類のテープで補強をした跡が残っていました。感謝の意味を込めて、裏面のトレペも新しく貼り替えました。修復した原画は、今日には札幌に戻ると思います。
 
[PR]

# by kageeplanet | 2013-05-26 07:44 | 影絵的・日常