2016年 08月 12日

小さな祈りの影絵展

e0302179_13155047.jpg

今年の影絵展の作品は、とてもよかったです。
「作り上げる」だけではなく、「伝える」ための影絵になっているな、と感じました。
 
もちろん今までがよくなかった訳ではまったくないのですが、歴代の先輩メンバーたちが試行錯誤してきた成果が、ようやく形になってきたようなそんな印象を受けました。数年間携わってきた学生たちも、それを肌で感じたようです。
 
この感触を忘れずに、小さな祈りの影絵展が広島の学生たちによって育まれ、そこを巣立った学生たちが社会で新しい何かを育んでくれればいいなぁと思います。
 
 
 
 
[PR]

by kageeplanet | 2016-08-12 13:17 | ヒロシマ


<< 疎開生活の絵巻      笠間ケアプラザ影絵ワークショップ >>